093-982-4282

〒806-0012 福岡県北九州市八幡西区陣山2丁目1-19

福岡県北九州市八幡西区 歯科 インプラント ホワイトニング 小児歯科 |あらき歯科クリニック

診療案内

一般歯科

一般歯科

■歯周病の原因

歯周病の原因にはお口の中の部分的な原因と体全体の全身的な原因があげられます。お口の中の部分的な原因としては、虫歯の原因と同くプラーク(歯垢)があげられます。お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでおり、歯みがきが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取するとその細菌がネバネバした薄い膜(バイオフィルム)を作り出し、歯の表面に付着します。これを歯垢(プラーク)といい、うがいなどでは簡単に落ちず、放置しておくとどんどん菌が増殖していきます。プラーク(歯垢)1mgの中には、10億個の細菌が住み着いているといわれ、長い間放置されると、石灰化して硬い歯石(プラークの死骸が石のように硬くなった状態)と言われる物質に変化し、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に強固に付着します。歯石になってしまうと、自分では取り除くことができないため、歯科クリニックで特殊な専門の器具(スケーリングやルートプレニング、PMTCなど)を用いてしか除去することしかできなくなります。更にこの歯石の中や周りに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けるのです。現在、日本人の80%が歯周病にかかっていると言われています。

次のことも歯周病を進行させる因子となります。

  1. 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  2. 不適合な冠や義歯
  3. 喫煙
  4. ストレス
  5. 薬の長期服用
  6. 遺伝
  7. 肥満
  8. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  9. 不規則な食習慣
 

■歯周病ってどんな病気?

「歯周病」は、お口の中の細菌によって引き起こされ、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病気の総称です。以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。歯茎の周りにプラーク(歯垢)がたまり、細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラーク(歯垢)は歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。 歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。そして、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。 歯周病がさらに悪化すると、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、食べ物を噛むことができなくなって、最後には抜歯をしなければいけなくなってしまいます。病変がかなり進んだ状態になるまでは自覚症状がない場合が多いので、歯医者さんで定期的に検診を受けられることをお勧め致します。

 

■歯周病と全身疾患との関連性

歯周病はお口の中だけではなく、全身疾患との関連性もあります。歯周病と糖尿病、脳卒中、慢性腎疾患、肺炎、骨粗しょう症、動脈硬化、早産、低体重児出産、癌などとの関連性が指摘されております。
重度の歯周病の場合、軽度の人に比べ2年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。健康な人に比べ心臓病発症の危険率が2.8倍といわれています。

 

■歯周病と口臭

歯周病の原因は細菌の塊であるプラーク(歯垢)がたくさんたまっていると、細菌によって硫化水素やメチルメルカプタンなどのガスが発生します。
これが口臭の原因の80%をしめると言われています。

 

1つでもあてはまるときは、歯科クリニックの受診をおすすめします

  • ①冷たい物や熱い物で歯がしみる
  • ②歯みがきの時、歯茎から血が出る
  • ③歯と歯の間が離れてきた
  • ④歯の長さが長くなった
  • ⑤歯茎のフチが赤い、あるいは腫れぼったい
  • ⑥歯茎を押したら白いウミが出る
  • ⑦歯並びが変化してきた
  • ⑧指で押すと、歯が揺れる
  • ⑨痛みがある

小児歯科

小児歯科

「子供の歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」
なんて思っていませんか? 子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。子供の歯が痛みだしたり腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。 子供の歯は生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。







 

笑気吸入鎮静法について

・笑気吸入鎮静法で怖くない治療を・・・

血液とタービンの水しぶきにまみれ、あるいは針の穴より小さい根管を求めて神経をすり減らし、そしてきれいになった患者さんの口元からでる言葉は皮肉にも「歯の治療は嫌い」。
昨今の歯科臨床技術はめまぐるしく発展していますが、この状況は昔からほとんど変わらないままです。
確かに診療室の雰囲気は独特であり、子供や恐怖心の強い患者さんでなくても歯科治療に対しては「嫌だな」という思いがあります。
この歯科治療の恐怖や不安から患者さんを解放させるものとして、長い医療の歴史のなかで確立されてきたものが、笑気吸入鎮静法です。笑気は誰もが持つ「嫌だな」という気持をやわらげることができます。
笑気吸入鎮静法を用いることで、歯科治療に対して「好き」とはいかないまでも「嫌い」と言われなくなれば、多くの人々は自分の健康のために、素直に歯科医院へ通うようになるでしょう。
それはすなわち、「歯科疾患を減少させる」という私たち医療人の目標に、大きく貢献するものと思います。

笑気吸入鎮静法1

・鎮静された患者さんの状態とは

精神鎮静薬は中枢神経の機能を抑制しますが、呼吸、循環、反射機能を抑制することはなく、あくまで患者さんの意識は保たれた状態にあります。思考に関しては、その統合が困難になり、そのことが恐怖心をつくれなくします。そこで患者さんは恐怖心や不快感といった精神的ストレスから解放され、穏やかな表情を呈し、リラックスした状態になります。目は半眼状態で、呼びかければ開眼し、開口や岐合などの指示に従うことができます。
局所麻酔などの疼痛刺激に対しては、鎮静によって疼痛閾値が上昇しており、患者さんの感じる痛みは比較的軽度に抑えられます。また、時間の経過をあまり気にしなくなり、治療時間が長くなっても治療を受け入れることができます。使用する薬剤によっては健忘効果を有するものがあり、これは治療における痛みや不快感、疲労感を治療後には忘れさせてしまいます。
実際に患者さんが経験する状況としては、おおむねお酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た多幸感があります。こうして患者さんの協力を得て、治療を円滑かつ安全に行うことができます。



 

・どんな患者さんに適応するのか?

歯科治療に不安や不快を感じない患者さんはいないでしょう。
治療の内容がごく簡単なものでも、やはり不安感を持つものです。その意味からすると、どんな患者さんにも、どんな処置内容であっても適応と思われます。
なかでも、特に笑気吸入鎮静法が必要な症例は、次のようなときです。

①歯科治療に不安感、恐怖心、不快感を持っている患者さん
②いわゆる神経質な患者さん
③小児を歯科治療の非協力児にさせないために
④ストレスに対する予備力の低い高齢者
⑤既往歴に歯科治療中の神経性ショック、脳貧血様発作、疼痛性ショックを有する患者さん
⑥心疾患、高血圧など内科的慢性疾患を持ち、歯科治療のストレスを軽減すべき患者さん
⑦嘔吐反射の強い患者さん


鼻閉などにより鼻呼吸のできない患者さんには物理的に無理ですが、本来歯科治寮における禁忌症でなく、通院できる体力を有する患者さんであれば安全に使用できます。

笑気吸入鎮静法2

口腔外科

口腔外科

顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯、口のなかのできものの切除術などです。 しかし、外科だけを扱う科では決してありません。 顎・口腔には多種多様な病気が起こります。 顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉癌・舌癌)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。 口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こるさまざまな病気の診断を下し、治療をする科でもあります。

インプラント

インプラント

永久歯が抜けてしまうと、二度と歯は生え変わりません。今までは歯が抜けると「入れ歯」を使用するか、ブリッジといわれる”かぶせもの”をするのが通常の方法でした。しかし「入れ歯」だと、うまく噛めない、言葉がうまく発音できない、使用している間にガタついて違和感を感じたりするなど、いろいろ不自由な場合がありました。 「インプラント治療」は耐久性、噛む力などにおいて、とても天然の歯に近く、“第二の永久歯”とも言われている新しい治療法です。歯が抜けた後の顎の骨に、人工歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。





 

Astra Tech Implant System


インプラント 当院ではアストラテック社のインプラントを採用しています。
アストラテック社は、アストラゼネカグループの一員として世界中の口腔外科医、歯周専門医、補綴専門医および歯科技工士の協力を得て、取り扱いが容易でかつ適用範囲が広く、信頼性の高いインプラントシステム"Astra Tech Implant System"を創り上げました。
オッセオインテグレーション
骨組織と荷重を受けるインプラントの直接的な接触を表す言葉です。
このオッセオインテグレーションの概念は、Astra Tech Implant Systemの開発の基礎となっています。

 

ホワイトニング

ホワイトニング

歯のクリーニング(PMTC)では、エナメル質より下に染み込んだ色素はなかなか落ちません。そんなときはホワイトニングがおすすめです。 ホワイトニングとは、薬剤を歯の表面に塗布して歯を漂白する方法で、院内で処置を行うオフィスホワイトニングと自宅でできるホームホワイトニングがあります。 オフィスホワイトニングは、短期間で歯を白くしたいとか、自分でやるのが面倒だという人に向いています。1回約1時間の治療で歯が白くなるブライトスマイルなどいくつかの方法がありますが、治療法や個人差によっては効果があまり期待できないこともあります。

Page Top